乳児湿疹ケア.com > 乳児湿疹の基礎知識 > 乳児脂漏性湿疹の原因とケア方法(予防対策)

乳児脂漏性湿疹の原因とケア方法(予防対策)

乳児脂漏性湿疹の原因

乳児の中でも特に生後3ヶ月くらいまでの期間によくできる湿疹が乳児脂漏性湿疹です。

乳児脂漏性湿疹ができる部位としては頭やおでこ、ほほなど首から上にできます。
症状としては頭やおでこにフケのようなものやかさぶたやうろこのようなものができます。

脂漏性ということなので皮脂が原因となりますが、
赤ちゃんは産まれてまもない頃はママの胎内にいたころのホルモンの影響を受けて皮脂分泌が過剰になります。

その過剰な皮脂分泌が乳児脂漏性湿疹へとつながります。
もちろん、できやすいできにくいには肌質など個人差がありますので、赤ちゃんによってできやすい子もいればできにくい子もいます。

乳児脂漏性湿疹のケア

乳児脂漏性湿疹は通常、赤ちゃんの皮脂分泌が落ち着いてくると次第にできなくなってくるものですが、予防やできた際の家庭でできるケアとしては過剰に分泌された皮脂をキレイに洗い流してあげることが大切です。

そのためには入浴時に赤ちゃんの頭・顔・体をベビーソープでしっかりと洗ってあげましょう。
皮脂が原因とはいえ脱脂力の強いベビーソープで洗うと必要以上に皮脂を落とし過ぎてお肌の乾燥や乾燥によるさらなる皮脂の過剰分泌につながる恐れがありますので、お肌に潤いを残しながら清潔にしてくれるベビーソープを選びましょう。

できれば、赤ちゃんのお肌は皮膚が大人の半分以下となっており、とても刺激に弱いデリケート肌なのでお肌への負担の少ない低刺激なベビーソープであることが理想的です。

また乳児脂漏性湿疹によるかゆみによって赤ちゃんが肌を掻いてしまって症状が悪化してジュクジュクになることもあります。そんな場合は症状を抑えるためにも病院で診てもらうことをおすすめします。

赤ちゃんの体を冷やさないことは大切ですが、冷やさないようにしようとすることがかえって暑さにつながり赤ちゃんの肌の血行が良くなったり、かいた汗によってかゆみがひどくなることもあります。

体を冷やし過ぎず暑すぎない適温を保ってあげることも良いでしょう。

乳児脂漏性湿疹のおススメはコレ!

2518人が注目

Dolci Bolle(ドルチボーレ)ベビーソープ

乳児湿疹などの赤ちゃんの肌トラブルからお肌を守るためにはお肌を清潔に保つことが最も大切です。そのためには入浴時にベビーソープで赤ちゃんの体をキレイに洗ってあげる…続きを読む

総合評価赤ちゃんの肌トラブル予防におすすめ

あなたの知りたい乳児湿疹対策は何ですか?

下記項目に一つだけチェックを入れて
あなたにぴったりの対策方法を確認しよう!

今すぐ情報を確認する

人気のケアグッズはこちら!