あなたの知りたい乳児湿疹対策は何ですか?

下記項目に一つだけチェックを入れて
あなたにぴったりの対策方法を確認しよう!

今すぐ情報を確認する

乳児湿疹ケア.comについて

赤ちゃんのお肌にできる全ての湿疹の総称である乳児湿疹。赤ちゃんが産まれてから成長していく過程でどんな赤ちゃんでも1度は乳児湿疹を経験するのではないでしょうか。赤ちゃんのお肌の湿疹としては新生児ニキビ、おむつかぶれ、汗疹(あせも)、乳児脂漏性湿疹、食べ物のアレルギーによる湿疹があります。アトピー性皮膚炎は乳児湿疹と間違われやすく判断が難しいのですが、アトピー性皮膚炎の場合はお肌の病気として乳児湿疹と区別されています。どうして赤ちゃんのお肌にはこのような湿疹などの肌トラブルが起きやすいのでしょうか。その理由は赤ちゃんのお肌の特徴との関わりがあります。赤ちゃんのお肌はデリケート(敏感)で乾燥しやすく、汗かきであるという特徴があります。赤ちゃんのお肌の特徴にあわせつつ、それぞれの湿疹に応じたケアを行うことで湿疹などの肌トラブルから赤ちゃんを守ってあげることができます。湿疹の種類ごとの原因を知ることによって必要なケアや対策が見つかります。乳児湿疹ケア.comでは湿疹の種類ごとに原因やおすすめのケア方法をご紹介しています。乳児湿疹をケアして赤ちゃんが健やかに笑顔で暮らせる毎日を手に入れるためにお役立て頂ければ嬉しく思います。

人気のケアグッズはこちら!

新着情報

乳児湿疹ノイローゼにならないで!

赤ちゃんの乳児湿疹がなかなか治らない、治ってもまたすぐにできてしまう、そんなことを繰り返しているうちに育児の疲れも重なって乳児湿疹ノイローゼになってしまう方がいらっしゃいます。でもあまり乳児湿疹に神経質にならないでください。なぜなら乳児湿疹はほとんどの赤ちゃんが一度は経験するようなものだからです。確かに赤ちゃんのお肌の湿疹が治らなかったり、何度も繰り返していたりしたら、かわいそうですし、ママやパパもなんだか責任を感じてしまったりすることもあると思います。でも乳児湿疹を何とかしてあげたい気持ちがあり、お肌の為にできること・やれることをやれば十分です。絶対に乳児湿疹を防ごうなんて思わないことです。絶対なんてありません。いくらケアをしていても、できる時はできてしまうものです。基本的に気を付けることは3つです。一つは「お肌自体のケア」、そして「体内ケア」、最後が「環境ケア」です。お肌自体のケアというのはスキンケアですね。体内ケアというのはミルク・母乳・離乳食など食事に関することです。環境ケアというのは生活におけるホコリやダニ、花粉などの対策ケアです。それらをできる範囲でケアしていくことで乳児湿疹のケアにつながっていきます。最も気を付けないといけないのは命にもかかわるアレルギーですね。食事によるアレルギーなどは特に気を付けたいですね。

乳児湿疹には薬?スキンケア?

乳児湿疹ができて小児科や皮膚科に連れて行くとたいてい塗り薬などを処方されると思います。でもそういった薬には頼りたくない!というママやパパも多いと思います。一切薬に頼らずスキンケアだけで乳児湿疹をケアしていく。もちろんそれが理想的ですね。でも、長引くかゆみを伴った湿疹や湿疹によるひどい炎症ができている状態というのは赤ちゃんにとってつらい状態でもあります。スキンケアはとっても大切なことですが、薬というのはかゆみとか炎症自体を抑えるのにはとても有効です。かゆくてかくことで湿疹が長引くというケースはかゆみを抑えて、かかないようにしてあげて、スキンケアでお肌の状態を整えていくというのが良いと思います。薬って原因自体をどうこうしてくれるものではありません。だから薬で症状が落ち着いたとしてもそれは湿疹の原因自体がなくなったわけではないということを認識することがとっても大事です。大人でも激しい頭痛で仕事が手に付かなくて鎮痛剤を飲むことありますよね。それで頭痛が解消されたとしても、頭痛が起きた原因である肩こりとか睡眠不足とか疲れが解消されたわけではありません。それと同じで薬に頼りっぱなしになったり、薬を完全に排除したスキンケアオンリーになったりするよりも、上手に薬を使いながらスキンケアをしっかりとしていって乳児湿疹などの肌トラブルが起こりにくい健やかなお肌作りを目指してあげて下さい。

乳児湿疹ケアには保湿が大切?

乳児湿疹ができにくい健やかなお肌作りのためのスキンケアにおいては保湿が大切です。これは特に乳児湿疹だからというわけではなく、保湿がスキンケアの基本となるからです。でも乳児湿疹にも色々種類があって、乾燥が原因の場合もあれば、皮脂が原因でできる湿疹もあり、そんな皮脂が原因となる場合にも保湿が必要なのか?と疑問に思われる方もいると思います。結論的には保湿は必要です。その理由は健やかなお肌には水分と油分のバランスが保たれていることが大切であり、水分が失われないようにするための保湿は必要なケアです。皮脂の過剰分泌も肌の乾燥が原因となっている可能もあります。カサカサなお肌に残されたわずかな水分を蒸発させないために皮脂をたくさん出しているという状態です。だからこそお肌に潤いを与え、与えた潤いが蒸発しないようにしっかりと保湿するというケアが必要となります。乳児湿疹に負けない健康的なお肌のために保湿ケアをしっかりと行なってあげましょう。

乳児湿疹について信頼できるお医者さんを見つけましょう

小児科や皮膚科で診てもらう際には信頼できるお医者さんを見つけましょう。今は病院の対応などに対する口コミ情報もたくさんでてきます。できる限りお母さんやお父さんが信頼できるお医者さんを見つけることは赤ちゃんの湿疹のケアにも大切なことです。ご家庭でのベビースキンケアについてもしっかりと伝えなければ、お医者さんも的確な指示ができませんし、一切指示を聞かず自己流なケアをすることは病院に連れて行く意味すら失ってしまいます。お医者さんも人間ですし、人と人のコミュニケーションなので合う合わないもあると思います。だから病院に連れて行くのであれば、お医者さんとの信頼関係を築けるように良い病院探しをすることをおすすめします。近場の病院であるに越したことはありませんし、かかりつけとなる病院が遠すぎるのも問題ですが、行くのが苦にならない範囲で探してみてはいかがでしょうか?